個人のお申込みはこちら
法人のお申込みはこちら
法人のお問い合わせはコチラから:03-6430-9083

必ず現場で活かせる!厚生労働省の外部研修に関するガイドラインに対応した登録販売者の外部研修

必ず現場で活かせる!厚生労働省の外部研修に関するガイドラインに対応した登録販売者の外部研修

お知らせ
NEWS

一覧を見る

2024/6/1
2024年度 7月~9月 追加的研修 開催日のお知らせ> 詳細を読む NEW
2024/5/22
【重要】2024年度 登録販売者継続的研修 受講配信スタートのお知らせ> 詳細を読む NEW
2024/4/1
【重要】2024年度 継続的研修の受講受付を開始いたしました。> 詳細を読む

研修って何するの?

厚生労働省の「外部研修に関するガイドライン」に対応した内容で、「通信講座(e-ラーニング)」12時間分の講座を年1回受講いただく研修です。登録販売者の資質の向上の為、定期的かつ継続的に受講が必要です。

詳しくはこちら

研修を受講した登録販売者の声

研修満足度98.8%!

ワンランクアップできた登録販売者の方々の感想を紹介します。

詳しくはこちら

アポプラスキャリアの「3つのポイント」

アポプラスキャリアの
「3つのポイント」

アポプラスキャリアの
「3つのポイント」

アポプラスキャリアの3つポイント

ポイント①

臨場感あふれる通信研修

下線

  • 音声ソフトなどは使用せず、実際の講師がライブ感を持って講義するから見飽きない!

  • 講師は、YouTubeでも多くの登録販売者フォロワーへOTC医薬品講義もやっている動画配信のプロ。

ポイント②

必ず現場で活かせる!
充実の研修内容

下線

  • ドラッグストアでの現場経験豊富な薬剤師を中心に制作チームを組み、企画・構成しています。

  • お客様からの複雑な問い合わせ事例のロールプレイも用意。身に付く、役立つ講義です!

ポイント③

日頃感じる現場の悩みを
解決する研修

下線

  • 「医療用医薬品を服用中の方への対応」や「デマ情報への対応」など、登録販売者から多く寄せられる悩みをテーマにしたコンテンツも盛り沢山。
    旬な情報や明日からでも使える知識を、楽しく学びたい方にお勧め。
【新規】継続的研修お申込みはこちら

継続的研修 受講までの流れ

 

STEP1 継続的研修の申込み

継続的研修の申込み

継続的研修のお申込みは、下記の「【新規】継続的研修 お申込みはこちら」ボタンよりお申し込みください。

受講費用:3,080円(税込)

お支払いは原則クレジット決済となります。

  • クレジットカードをお持ちではない方で、口座振込をご希望の方はlearning@ap-c.co.jpにご連絡ください。

矢印

STEP2 申込み受付後のご連絡

申込み受付後のご連絡

3営業日以内に、外部研修事務局よりメールでご連絡します。

矢印

STEP3 研修費用のお支払い

研修受講

受講期間は毎年5月~翌年3月末日までとなります。
PCまたはスマートフォンからご受講いただけます。

矢印

STEP4 通信講座(e-ラーニング)受講

「継続的研修受講修了証」の発行

弊社の「通信講座(eラーニング)」を受講終了すると「継続的研修受講修了証」が、WEBから発行可能となります。
尚、受講修了証の発行は、毎年6月末締め切りとなります。
締め切り後の再発行については別途1,000円(税抜)の再発行手数料が発生いたしますので、必ず期限内にダウンロードの上、データ保存をお願いいたします。

【新規】外部研修のお申込みはこちら

継続的研修(外部研修)をお探しの皆様へ

「継続的研修」を選ぶ際のポイントは、3つあると考えます。

  1. 研修の内容・質が充実していること
  2. 知識向上だけではなく、実践に結びついていること
  3. コストパフォーマンスがいいこと

登録販売者の資質向上にしっかりと役立ち、企業にとってもお客様の接客応対を通して売上にしっかり結びつく「継続的研修」をお選びください。

登録販売者とは?

「登録販売者」資格は、
一般用医薬品の約9割を取り扱うことのできる専門資格として、今、最も注目されている資格です。

登録販売者は、改正薬事法に定められた一般用医薬品(第2類および第3類)販売に必須の公的資格です。試験は全国の都道府県単位で行われます。

都道府県が試験を実施して合格認定をする公的な資格です。いずれかの都道府県で資格を取得すると、転居・転勤をした場合には、転居先・転勤先の都道府県に登録をし直すだけで、資格を継続することができます。

一般用医薬品(OTC医薬品)のうち、第2類医薬品(指定第2類医薬品を含む)と第3類医薬品の販売を行うことができます。また、店舗販売業者(一般用医薬品のみを取り扱うことができる医薬品小売業者)の指定により、店舗管理者になることができます。

登録販売者とは?

ページトップへ戻る